おつまみご飯と気付いた話

スポンサーリンク

今日も良い天気で散歩日和でした。
息子も卒論は提出したものの、明日の発表に向けて資料作りで大変そうです。
早く落ち着いたらいいのですが、大学院に行くことを渋っているので困ったものです。
行くには行くけど、就職を探して中退するとか言っているので私としては卒業まで頑張ってほしいと思います。
まぁ、先はどうなるかわかりませんがその時になったら考えます。

おつまみご飯

夕ご飯を何にしようか悩んで、あまり量がいらなかったのでおつまみのようなご飯にしました。
里芋をレンチンして塩で頂きました。
息子はきぬかつぎを初めて食べたようで(そういえば作ってなかった)、美味しいと喜んでいました。
私が一人ご飯をするときに良く作っているチキンタッカルビを作ってかぼすジュースとチキンムでご飯を済ませました。
たまにはこんなご飯も変わっていい感じです。

Cpicon メチャうまチーズタッカルビ by まーちゅんまま

レシピを少しアレンジして少量で作りました。
卵焼き器で作ったのでチーズも節約しつつトロ~リ美味しくいただけました。

そういえば、昨日息子が大学から帰ってきた時に小腹が減ったとのことで簡単にかきたまスープに春雨を入れて作ってやりました。
息子は「ホント、ありがたい~」と言うのですが息子は良く感謝を口にします。
すごいなぁと感心します。
私は自分の親にはこんなことを言った覚えがありません。
可愛くない子供だったなと今さらながらに思います。

ご飯を作っても喜んで食べてもらえると本当に嬉しい。
元旦那は天ぷらや鍋物にした時に作り置きでいい、大変でしょう?と言っていましたが、美味しく食べてもらいたいのでそんなのは苦にはなりません。
本人は気を使って言っているのでしょうが、美味しいと言われる前にそれを言われるとがっかりしてしまいます。
温かく美味しいものを食べてもらいたいと言う気遣いは相手には伝わっていなかったようで、離婚前には「自分の事を全く考えてもらってなかった」と言われてた時には自分のやっていたとこは全然伝わっていなかったんだなと残念に思いました。
簡単に作ったスープにさえ感謝してもらえると嬉しくなったと同時に、やっぱり性格の不一致というか気持ちが通じ合えない人とは付き合えないと気付きました。
食べる事が人生での楽しみを多く占めるので食の好みが似ていないと一緒にやっていけないですね。

——————
イラストメモ
使用ソフト
イラスト:CLIP STUDIO PAINT PRO
ペン:pogpen ミリペンみたいで描きやすかった

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://kinoko-can.com/2020/02/11/tumami-gohan/trackback/

PAGE TOP