痛みと憂鬱は鬱状態に似ていた

スポンサーリンク

1週間前に歯がしみて知覚過敏かなと思って、
しばらく我慢したら治るかなと思ったら日が経つにつれて
痛みは増していき、歯の奥から耳、目、頭痛まできて
これは我慢しても無駄、早く病院に行かないとダメだと
思って、昨日あれだけ悩んだけど違う歯科医院に行きました。
初診で予約なしで飛び込みだけど、予約の人の合間に診てもらえる
とのことで、1時間待ってからの診察でした。

問診してレントゲン(歯全体と痛い部分)を撮って、
歯周ポケットの深さを測って歯全体をチェックしてもらいました。
レントゲンの写真が出来て確認してみると、痛みのある歯の神経の
根元部分に炎症がみられました。
細菌が入ったか、何らかの原因で炎症してしまったのかわからないけど
神経を取る選択を選びました。
細かく説明してくれて、何度も「何か質問はありますか?」と
言ってくれて、わからないことも細かく教えていただきました。
急患で入ったのに丁寧に時間をかけて診てもらえて昨日の悩んでいた
事は何だったのだろうと今になって思います。

銀歯がかぶさっていたのですが、今は保険範囲内で白い詰め物で
かぶせることができるとのこと。
銀歯じゃない!銀歯は何度も外れて困ることも多かったし、
見た目も良くないので嫌だったのですが、良い時代になったものです。
他の銀歯もそうしてほしいけど、そうすると審美歯科の方になるから
高くなってしまうのでしょうね。
とりあえず、この痛みから逃れられるのであればいいので今の歯の
治療で我慢です。
銀歯を取ってみると、中はけっこう傷んでいたようで神経を取るときに
悪いものが結構上がってきたとのことで、「これは痛かったでしょう」
「何もしなくてもかなりの痛さだったでしょう」と共感して下さって
私の苦しさをわかってくれた嬉しさで感動でした。(ちょろい)

麻酔をして、傷んでいる所を削って神経を取り薬を詰めて仮の詰め物を
してもらいました。
診察と治療でなんと2時間かかってしまいましたが、神経を取るところまで
やっていただき、やっと落ち着くことができました。
かかりつけ医では、レントゲンも撮らずに応急処置として歯の周りに
白い詰め物を塗っただけでした。
原因は神経の炎症だったのに、次の予約は4カ月先もしくは違う先生で
1か月先とのことで、今回の事で不信感を覚えてしまいました。
人気のある歯科ということは知っていましたが、こんなことが最近続いていたので10年以上通っていましたが、今回行った病院に変えようと思います。
痛みが続くとこんなに憂鬱になるのかとびっくりです。

単純だけど本当に思った

虫歯であれば自分の管理不足なのですが、神経の炎症までは
管理できませんでした。
小さい痛みから、うずき始めてズキズキした痛さになり、目の奥や
頭痛まで一緒になるくらい辛くなって、朝起きると少し軽いのだけど
やっぱり食事の時に痛くなって痛みが復活して、食後の歯磨きで
ズキズキがピークになって1日中痛みに耐える生活でした。
息子の話もなかなか頭に入ってこなくて生返事ばかりでした。
この状態って、鬱状態の時と似ているなと痛みをガマンしながら思いました。
痛みは心の中のモヤモヤで、そのことであたまいっぱいになって
考えるのもツライ、面倒くさい。
今回も違う病院に行くのはどうしよう、かかりつけ医にキャンセルの電話を
するのが面倒だ。などなどそれを考えるのでさえ面倒でした。

今回、治療してもらってから「麻酔が切れて痛みがあるかもしれないので
痛み止めを処方しておきます」と言われて、私は別に使わないだろうなと
思っていたのですが、治療してもやっぱりズキズキするので念のために
痛み止めを飲みました。
しばらくすると痛みがひいていて、気分がすーっと楽になりました。
目の前が明るくなると言うか痛みから解放された開放感が半端なかったです。
これも、離婚してストレス源から離れたことの開放感と同じように感じました。

もうこんなつらい思いはしたくないけど、悩むよりは行動あるのみ。
これで治るといいなぁ。

——————
イラストメモ
使用ソフト
イラスト:CLIP STUDIO PAINT PRO

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://kinoko-can.com/2019/04/22/ira-310422/trackback/

PAGE TOP